絵画取付業務

お客様のニーズに沿ったサービスを提供します

弊社はお客様のニーズをしっかりと伺い、作品はもちろんのこと、飾られる場所や部屋のイメージも考慮しながら絵画取付を提案いたします。

お客様の大切な作品だからこそ最適な配置選びは重要な空間作りの要素であると考えております。
お客様の希望によって、壁面の建材が石膏ボードやコンクリート、さまざまあると思いますし、「ここに飾りたい」といった困難な場所でも、御対応できますように努めています。まずは専門業者の私たちにご相談ください。
ここでは、皆様にでもできる絵画のお取扱い方をご紹介させて頂きます。

お取扱い上の注意事項

  • ■ 額縁を壁に掛けるときは、額縁の重量に耐えられる壁にお取付け下さい。取付ける壁がベニヤ板等(板の薄い壁)石膏ボード等(中が柔らかい壁)は裏の柱が通っている箇所に吊り金具、額受金具を柱の部分までしっかりと附けて下さい。
  • ■ 額縁を壁に掛けるときはガピョウ、釘等は使わず専用の額縁吊り金具、額受金具をご使用下さい。
    作品のお取り付けに際しましては必ず壁材にあった汎用フックをご使用下さい。
    (1)石膏ボード等の強度の弱い壁にそのまま取りつけますと脱落の恐れがありますので、ボードを軽く叩いて内側の芯材を捜し、そこに汎用フックを取りつけるか、市販のピクチャーレールやピクチャーワイヤーを使用してお取り付け下さい。
    (2)コンクリート壁のご家庭にはコンクリート用のフックが市販されております。
  • ■ 作品を吊る紐は、額装全体の重量を考慮して取りつけております。解かずにそのままご使用下さい。
  • ■ 壁にお飾りになる際は、必ず壁に平行になるように掛けて下さい。
    角度をつけて斜めにかけますと落下や本体損傷の原因になります。
  • ■ 作品の保護の為、以下の場所にお飾りいただくことはお避け下さい。
    変色、湾曲、結露などの原因となります。
    (a)直射日光の当たる場所
    (b)高温多湿および湿度変化の激しい場所
    (c)極度に乾燥した場所
    (d)火気、水気のある場所
    (e)冷暖房器具、除・加湿器の付近(特に風の当たる場所)
    (f)振動の激しい場所
  • ■ 額縁の角(特に金属性の物)でケガをする恐れがありますので、十分注意して取付けて下さい。
    また人に当たると怪我をしたり、衣裳を損傷することもありますので人に当たりそうな場所に掛けるときは十分に安全にご留意下さい。
    人やペットなどの接触や地震、突風などの予測できない事態により落下する危険性があります。
    額の下には割れ物や貴重品は置かないようご注意下さい。
  • ■ 額縁は使用環境により耐久性に差異がでます。
    定期的に以下の箇所等を点検し、異常がみられる場合は当社またはお近くの額縁販売店にご相談下さい。
    (1)額装裏面の金具類および汎用フックの錆や腐食、ネジの緩み等
    (2)吊り紐の劣化、結びの潜み
    (3)額縁本体の歪み
  • ■ 額縁の裏面の金属部分(トメ金具、紐を通す金具等)は錆、腐蝕する場合があります。
    定期的に額縁、吊り金具のガタ、腐蝕等を点検し、異状がある場合は交換して下さい。
    額縁を吊る臥ワイヤー等も定期的に点検し、異状がある場合は交換して下さい。
  • ■ 予期せぬ事態で額縁が脱落することも予想されますので壁面の強度・金具、紐には特に注意、点検をして下さい。
  • ■ 額装には作品を保護し、変質を防ぐという役目があります。
    基板は絶対に開封しないようご注意願います。
  • ■ 額縁の回りはホコリが溜まりやすく、放置していると壁を汚す事がありますので定期的に清掃をして下さい。
    お手入れする際は、水分・薬品などの使用は避け、柔らかい目の細かい布などを使用し軽くから拭きを行って下さい。
    強く擦りますと色落ちや箔剥げの原因となりますので、ご注意下さい。

お問い合わせはこちら
03-5314-9628 info@cll.co.jp